名古屋で何度も出会いがある娘

反抗的な名古屋は夏の帽子を深く置く
(名古屋
そばかすのある娘と夏の帽子
(牛尾美恵子)
何度も何度も鏡の前で夏の帽子
(菅原正原)
海に夏の帽子をかぶる
(佐藤真理子)
私は太陽と私の夏の帽子が大好き
名古屋 出会い

(山田裕子)

電車ですか?名古屋の窓がわずかに揺れています。私の心は恋に揺れています。夏の帽子も揺れ、ひざの上にそっと置かれるというフレーズ。

夏の帽子から車の窓の外の夏の風景まで想像できることを願っています。

夏の帽子俳句は、それを着る方法、楽しさ、孤独感、どれだけ楽しみにすることができるか、さまざまな人々の人生のさまざまな夏の表現を示します。

「見て」

ジューン・ブライドヘラの目

季節は6月です。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*