名古屋から花嫁に出会いに来ています

6月の花嫁、6月の花嫁の変動はローマ神話の女神ジュノから来ています。
6月の名古屋「ジュノ」の語源である女神は、ギリシャ神話では主妻名古屋の妻であり、女神ヘラと呼ばれています。
ヘラが保護されている月である6月1日に、

名古屋 出会い

神々の女王に捧げる祭りがありました。6月に結婚式を挙げれば、女神ヘラに守られ、一生幸せになります。彼が生まれたと言われています。
ヘラは夫のゼウスの出来事に非常に名古屋しています。
ヘラの劇的な効果の結果として、神と英雄の物語が展開します。
神の女王、ヘラは絶対的な支配権を持っていました。毎年春になると、彼らはカナトスの春を浴びて、年齢や刺激を洗い流し、美しい女神、ニンフ、人間に合わない美しい乙女になります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*