名古屋出会いは心に留めておく

無作為に
落ちて壊れる名古屋出会い
今でもこの町はうらやましい

知らないところ
本当に知らない人
悲しみの波紋が伝わるから

この時でも
遠端、遠く
白鳥は泣く

白鳥の歌

四季折々の寒風の中
そんな歌声を聞きながら
今でも私の唇を結ぶ

壊れた唇
穏やかな太陽が閉じます
広がる雨滴を超えて

きっと
名古屋出会いを待っています
心に留めておく「めんだく少女」のトリセツ

コミュニケーションの基礎

名古屋出会いを好きに。

人が何かをすると、それに応える心の働きがあります。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*