愛や希望があった岡崎のママ活

希望を感じます

6月

6月

岡崎のママ活ことわざ。ことわざ」

 

目の青葉

山ほととぎす

最初の鰹

初夏を彩る特徴に触れて愛される言葉です。

江戸時代の詩人

山口素堂の俳句です。

そのまま

 5月は終わりました。 』\

 

明日から!

六月。

今日は。いい日です。

何か良いものはありましたか?

ことわざにあるように岡崎のママ活

江戸っこ

5月には鯉の吹流しがあります。

江戸っこは口が悪い、

お腹の中

さわやかです

彼は無実だと言われています。

腸はなく、口だけです。

威勢のいいですが、頑固を意味するためにも使用されます。

吹流しは鯉の吹流しの中にあります

中空だから。

 愛の奴隷。 』\

 

あなたに会った日から、私は愛の奴隷になりました

あなたがそれを好きだと言うなら、右に曲がってください

とても幸せ

だからいつも私のそばに岡崎のママ活

邪魔にならない

2回

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*